後遺障害とは

交通事故になってしまうとけがなどをすることが多く、その場合通院や入院をします。しばらくけがなどの治療を行っていきますが、けがが幸運にも治るケースもあります。これは治癒と呼ばれ、治癒になるとその後にこれまでの通院や入院に関しての慰謝料や交通費などを含めた示談金の交渉を行っていきます。それに対して治癒にならず症状固定になる場合もあります。これはけがなどが治らず後遺障害が残ってしまった、またこれ以上治療を継続しても治癒の見込みがないと判断されることを示しています。

後遺障害は交通事故によるけがが残ってしまったことを示していますが、単に後遺障害が残っていてもそれだけでは示談金に関して変動はありません。後遺障害が残ってしまった場合、それに対しても償いを希望する場合は公的な機関に後遺障害が残ってしまったことを証明してもらう必要があります。示談金にも影響する後遺障害とは公的に証明されたものということができます。証明がされれば示談金の金額は非常に大きなものになっていきます。万が一交通事故に遭って症状固定になった場合には、公的な機関を通じて認定を受けることが必要だと言えます。しかしそれは簡単なことではないのです。