弁護士に依頼

最近では後遺障害の認定がとても厳しくなっていると言われることがあります。後遺障害が残っていても認定されないようなケースが実はあるものですが、後遺障害が残ると今後の生活だけではなく仕事でも大きな支障をきたしてしまうようになります。ですからその分の償いはしっかりとしてもらわなければなりません。そのため確実に認定されるようにしていくことが必要になります。ただ被害者にとってどのようにして認定されやすいようにしていったらいいのか、この点はなかなかわからないものです。そんな時に役立つのが弁護士です。今現在弁護士が多くいますが、その中でもこれまでに後遺障害の等級認定などの経験を多く持ってきた弁護士が最も適切です。

後遺障害認定ではこれまでのカルテや画像を提出しますが、この他にMRIなどを行って証拠を提出する場合があります。また後遺障害診断書も提出します。弁護士はこれまでの治療などを確認し、主治医に必要な検査を行うように依頼をする場合があります。また後遺障害診断書の内容を精査し、記載が不足している部分を指摘してくれたりします。また非該当になった場合、異議申し立てを行うにあたってどのようなことをしたらいいのかアドバイスをしたり行動をしたりしてくれます。確実に認定されやすいようにアドバイスなどを弁護士が行ってくれるので、後遺障害の申請時には非常に役に立ちます。

〈参照サイト〉後遺障害の弁護士無料相談【等級認定・賠償金交渉】交通事故はアディーレ法律事務所
後遺障害の等級獲得をサポートしている法律事務所です。